【風水】開運したかったらこれをやるべし3選

お疲れ様です、武田です。

今回は簡単にできる開運法について3つお伝えしていきます。

これをやっていただくだけで、家の運気が上がっていきます。

今回の方法を是非ご自宅で試していただいて、

運気をアップをしていっていただければなと思います。

開運したかったらこれをやるべし3選

①家の中に剥製の置物がある場合は、撤去する

②傘立ては使うとき以外、外に出さない

③入浴時以外、お風呂は常に喚起する

それぞれを順番に見ていきたいと思います。

①家の中に剥製の置物がある場合は、撤去する

家の中に剥製の置物がある場合は、すぐに撤去するようにしましょう。

これがあるだけで家の運気を下げてしまいます。

剥製というのは動物の死体です。

死体からは死の気が放たれており、

家全体の運気を下げてしまいます。

ですので、家の中に剥製の置物があるのはよろしくないのです。

剥製の置物が家の中にあると、

知らず知らずのうちに活力が失われていきます。

そうなると

・やる気が起きなくなったり

・気分がすぐれなくなったり

してしまいます。

このような状態になってしまうと、

運気を呼び寄せることは難しくなってしまいます。

家の中に剥製の置物があるという方は、

家の中から取り除かれることをお勧めします。

②傘立ては使うとき以外、外に出さない

玄関には何もない状態がベストです。

なぜならば、玄関は気の通り道だからです。

玄関にたくさんモノがあると、

外から気が入ってきません。

また、玄関にモノがたくさん置かれていると、

玄関の状態が悪くなってしまいます。

そうなってしまいますと、

家全体の気の流れも悪くなってしまいます。

ですので、傘立てにつきましては、

雨の日だけ玄関に出すようにしましょう。

雨の日以外は、靴箱や収納などに

入れておくようにしましょう。

また、傘に関してですが、

ビニール傘はなるべく使用しないようにしましょう。

ビニール傘からは悪い波動が出ており、

家の中にビニール傘が持ち込まれると、

家の中の運気が落ちてしまいます。

くれぐれも注意しましょう。

③入浴時以外、お風呂は常に換気する

お風呂は家の中で最も湿度が高くなりやすい場所です。

そして、湿度は運気の大敵です。

湿度が高くなると、人間の運動機能や内臓機能は低下してしまいます。

梅雨の時期は、体がダルくなったり、食欲がなくなったりしやすいですが、

これは湿度が高くなってしまうことが原因なのです。

湿度が高くて喜ぶのは、カビくらいです。

ですので、お風呂は使用する時以外は、

換気することが大切になってきます。

お風呂の換気が不十分だと、

お風呂に面している部屋の湿度が高くなったり

柱の木が弱くなったりしてしまいます。

家の機能の低下にもつながりかねませんので、

家の換気は徹底されるとよいでしょう。

今回は開運するための方法について

3つご紹介しました。

できるところから実践していただいて、

運気が下がるのを防いでいただければなと思います。

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

まとめ

・開運したかったらこれをやるべし3選

①家の中に剥製の置物がある場合は、撤去する

②傘立ては使うとき以外、外に出さない

③入浴時以外、お風呂は常に喚起する

・できるところから実践していって、

 開運につなげていくべし

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする