【開運】運気の高い人になるために気をつけるべきこと

お疲れ様です、武田です。

 

今回は、運気の高い人になるためには

何に気をつけていけばよいかについて

お伝えしていきたいと思います。

 

これに気をつけていただくだけで、

あなたの運気は飛躍的に高まっていきます。

 

そして、あなたの望む結果がこれによって手に入れやすくなります。

 

是非、今回お伝えすることを実践していただいて、

あなたの理想とする未来を勝ち取ってください。

 

 

まず結論をお伝えします。

 

 

あなたが運気の高い人になるために

気を付けることは、

 

運気の高い人とのみ関わり

運気の低い人とは縁を切る

 

ということになります。

 

 

なぜ運気の高い人とのみ関わることが大切なのか?

 

 

運気というのは人から人へと伝染するからです。

 

あなたがインフルエンザにかかっている人とずっと一緒にいた場合、

あなたもインフルエンザにかかってしまうでしょう。

 

風邪と同様に、

あなたが運気の低い人と一緒にいた場合、

あなたの運気もそれだけで下がってしまいます。

 

そうなりますと、

あなたの理想や夢からは遠ざかってしまいます。

 

ですので、運気の低い人とは関わるべきではないのです。

 

 

運気の低い人とはどんな人か?

 

 

ここで疑問に出てくるのが、運気の低い人とは

どんな人なのか?ということです。

 

運気の低い人と関わりたくないと考えていても、

運気の低い人がどんな人かわからなければ、

関わりを断つことはできませんからね。

 

ここで運気の低い人を3例ご紹介します。

 

①テイクばかりする人

②自分の仕事が嫌いな人

③自分のことを運が悪いと思っている人

 

これからそれぞれを順番に見ていくことにします。

 

①テイクばかりする人

 

ギブアンドテイクという言葉をご存じの方は多いことでしょう。

 

1つのものを与えたら、1つのものをもらえると理解されている方が

多いと思います。

 

この

1つのものを与えるというのが、【ギブ】

1つのものをもらえるというのが【テイク】

 

になってきます。

 

そして、

【ギブ】>【テイク】な人を、ギバー

【ギブ】<【テイク】な人を、テイカー

と呼びます。

 

そして、テイカーは運気が低いのです。

 

なぜかというと、テイカーはいつも受け取ることばかり考えているからです。

 

このような人は多くの場合、自分の利益が最大化するにはどうしたらよいか?

ということを常に考えています。

 

そして、自己中心的な思考になりがちです。

 

このような思考の人に運気は味方してくれません。

 

一方で、ギバー。

 

ギバーは運気が高い人になります。

 

なぜならば、ギバーは相手に与えることを考えている人だからです。

 

そして、相手が何を受け取れば喜ぶか、幸せになるか?ということを考えているので、

ギバーの頭の中は幸せな気持ちでいっぱいになっています。

 

頭の中がこうした状態ですと、幸せなものを引き寄せやすくなり

良い運気も引き寄せやすくなるのです。

 

ですので、ギバーになることが大切なのです。

 

ですが、注意点があります。

 

それは運気を上げる目的のために、積極的に人に与えるというのは

よろしくないということです。

 

これをしてしまうと、かえって逆効果で

運気が下がってしまいます。

 

そのため、人に与えるときは

見返りやリターンといったことは考えずに、

相手に対して純粋な気持ちで与えるようにしましょう。

 

 

②自分の仕事が嫌いな人

 

 

仕事の仕事が嫌いな人は、運気を下げます。

大人が1日の中で最も時間を使っていることは「仕事」です。

 

その仕事が

 

・嫌い

・嫌で嫌で仕方がない

・生活のため、家族のためにしょうがないから働いている

 

というのなら、

運気がよくなるはずがありません。

 

出勤前の時間、仕事の時間、休みの日の夜

常に「あぁ仕事かあ、つらいな」という気持ちが常に頭にあれば、

頭の状態は常に悪くなります。

 

そして、悪いものを引き寄せやすくなってしまいます。

 

その結果、運が悪くなってしまうのです。

 

人が仕事を好きかどうかはすぐにわかります。

 

仕事が好きな人は、仕事が趣味なので、

仕事のことを話すときは、目がイキイキしています。

 

一方で、仕事のことが嫌いな人は、仕事のことを話す時の目に

生気がありません。

仕事のことが嫌いなので、当然といえば当然なのですが。

 

仕事のことについて質問してみて、

相手が運気のある人かどうか試してみてください。

 

 

③自分のことを運が悪いと思っている人

 

 

自分のことを運が悪いと思っている人は

実際に運が悪いということが多いので、

関わるべきではありません。

 

自分のことを運が悪いと思っているから、

運が悪くなってしまうのです。

 

ですので、無理やりでもよいので

自分のことを

「自分は最高に運が良い」と思い込むようにしましょう。

 

理由なんていりません。

思いこむだけで大丈夫です。

 

 

まとめ

 

 

今回の記事はいかがだったでしょうか?

 

この記事をここまで読んでいただいた方には、

ぜひ人間関係の断捨離をしていただきたいなと思います。

 

なぜならば、ここまで述べましたように

運気の悪い人とかかわることは、あなたの運気を下げることになり、

 

さらにはあなたの家族の運気も下げることになるのです。

 

あなたとあなたの大事な人を守るためにもぜひ実行していただきたいなと

強く思います。

 

今回の記事は、以上になります。

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする