【風水】お寺や神社が家の近くにあるとよくないって本当?

はい、本当です。

 

お疲れ様です、武田です。

 

自宅の周りに何があるか?ということは、

家の運気に大きく影響を与えます。

 

1つ例を出しますと、

家の隣が工事現場だった場合、

重機の音が鳴り響き、自宅で仕事や勉強をしたりすることは

なかなか厳しいですよね。

 

これは極端な例ではありますが、

このように人は住環境から無意識のうちに影響を受けています。

 

人は環境によって大きく左右されますので、

良い環境にいることはとても大切です。

 

今回はこの環境についてみていきます。

 

 

なぜ自宅の近くに神社があるとよろしくないのか?

 

 

冒頭で自宅の近くに神社があるのはよくないと

結論を述べてしまっていますので、

その理由について述べます。

 

神社やお寺では、体についた厄を払い、

災難や不幸が身に降りかからないようにするため

厄払いをする場所になります。

 

厄を持った人がたくさん訪れて、

その厄を神社やお寺で落としてから帰宅します。

 

その結果、神社やお寺には厄がたくさん落ちています

 

そして、厄はマイナスのエネルギー体です。

 

こういったマイナスのエネルギー体が自宅の近くに

たくさん存在すると、

家の運気は下がってしまうのです。

 

ですので、自宅の近くに神社があるのは

よろしくないのです。

 

 

自宅の近くに神社やお寺がある場合は

どうしたらよいのか?

 

 

家の周りに塩をまいたり、

玄関に盛塩をするとよいでしょう。

 

こうすることで、

家の周りに存在するマイナスの気を滅却することが

できるからです。

 

塩につきましては、化学洗練されたものではなく、天然のにがりのある

ものを用いるようにするとよいでしょう。

 

塩がとけたり、黒ずんできた場合は、

速やかに塩を取り換えるようにしましょう。

 

また、塩は盛塩としてだけではなく、

お風呂に入れることで効力を発揮します。

 

お風呂に塩を入れた塩風呂に入ることで、

体に付着した汚れや穢れといったものを取り除くことができます。

 

体を清めたいという方は定期的に塩風呂に入るようにすると

よいでしょう。

 

 

今回の記事は以上になります。

 

神社やお寺が家の近所にあるという方は、

ぜひ盛塩や塩風呂といったものを実践していただいて、

あなた、そしてあなたのご家族の運気が下がらないように

守っていただきたいなと思います。

 

最後までお読みくださりまして、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする