開運したいのなら、美味しいものを食べるべき3つの理由

お疲れさまです、武田です。

これまで運気を上げるために何をすべきかについて

述べてきました。

今回は食事の面から見て、運気をあげていくにはどうすればよいかを

お伝えしていきたいと思います。

健康第一といわれているくらい大切なものである健康。

その健康を作り上げているのは、毎日の食事です。

この健康を作り上げている食にこだわって、

さらに運気を上げていきましょう。

あなたの食事を変えれば、人生は変わります。

開運したいあなたがおいしいものを食べるべき3つの理由

①美味しいものを食べると幸せになれるから

②美味しいものを食べると感謝の心を持てるから

③美味しいものを食べると人生が変わるから

それぞれを順番に見ていきたいと思います。

①美味しいものを食べると幸せになれるから

美味しいものを食べると、人は自然と笑顔になり、

幸せな気持ちになれます。

幸せな気持ちになれると、

あなたの身の回りに、幸せな状況はやってきやすくなります。

一種の引き寄せの法則ですね。

そして、幸せな状況がやってくることで、

あなたはより幸せになっていきます。

美味しいものを食べることで

こういった正のスパイラルに入っていくことができます。

このような状況になると当然、

幸運も引き寄せやすくなりますし、開運しやすくなっていきます。

なぜならば、運は幸せな人間が大好きだからです。

運に好かれるためにも、

美味しいものを毎日食べるようにしましょう。

②美味しいものを食べると感謝の心を持てるから

美味しいものを食べる時、人は「いただきます」と言ってから食べます。

この「いただきます」というのは「命をいただきます」ということです。

食事は、魚や肉や卵といった命をいただくという行為なのです。

美味しいものを食べる時、

こうした命をいただいて我々は生きているということを

認識することができ、

感謝の気持ちを持てます。

美味しいものを食べることで常に感謝の気持ちを持つことができ、

周りに対して傲慢になることができ、謙虚な気持ちでいられるのです。

こうした姿勢・心持ちが運気を引き寄せるのです。

③美味しいものを食べると人生が変わるから

日本には春夏秋冬があり、

四季折々の食材があります。

春なら新じゃがいも、夏ならスイカ、秋ならサンマ、冬ならお鍋

という感じですね。

こうした食材は旬の食材と言われ、

とても美味しいです。

そして、こうしたおいしい食材を食べることで

四季の変化を感じることができるようになり、

感性が磨かれます。

感性が磨かれると、

身の回りのちょっとした変化に気がつくことができるようになり、

対人関係・仕事関係など、あらゆることがよりよくなっていきやすいです。

ですので、旬の美味しい食材を食べることが大事です。

人間は自然物であり、四季の変化の中で生きています。

ですので、四季を感じて生活することはとても大切なことです。

四季を感じずに生活すると、鈍感な不感症な人になってしまいます。

注意しましょう。

まとめ

このように食事にこだわることで、運気がアップしていき、

人生がよりよくなっていきます。

食欲は人間の三大欲求の1つであり、これを存分に満たしてあげることは

とても大切です。

さらに好きな人と食事を共にすることで、

食事をさらに美味しくいただくことができます。

私は極力1人でご飯を食べないように心がけています。

あなたもぜひ食にこだわっていただき、

人生をよりよくしていってください。

今回の記事は以上になります。

最後までお読みいただきまして、

ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする