お風呂の残り湯って、捨てるべきか否か、武田が答えてみた

お疲れ様です、武田です。

今回は、先日Twitterで

いただいたご相談について

記事にしてみました。

ご興味のある方は、

ぜひ参考になさってください。

【ご相談内容】

武田さん、こんばんは!

夜分遅くに失礼します。

お風呂の残り湯に関して、

質問させていただきたいです。

よろしくお願いします。

お風呂の残り湯は、次の日まで残しておかないで

捨てた方がよいと聞いておりますが。

これについて武田さんはどう思われますか?

また、私は入浴が終わったらすぐに

浴槽のお湯を流して、お風呂掃除を済ませてしまいます。

これについても、武田さんはどう思われるか

お聞きしたいです。

【武田の回答】

ご質問、ありがとうございます。

お返事、お待たせして申し訳ありません。

これからお答えしていきますね。

〇お風呂の残り湯は、次の日まで残しておかないで

捨てた方がよいと聞いておりますが。

これについて武田さんはどう思われますか?

これにつきましては、その通りだと思います。

お風呂の残り湯は、入浴が終わったら

すぐに捨てるべきです。

その理由としましては、

①お風呂の残り湯を浴槽に貯めておくと、

家の中の湿度が上がってしまう

②残り湯は洗濯用水として使うべきではない

③家の運気が下がってしまう

という3つの理由からです。

順番にみていきます。

①お風呂の残り湯を浴槽に貯めておくと、

家の中の湿度が上がってしまう

人間にとって湿度は大敵です。

湿度が高くて喜ぶのはカビくらいです。

湿度が高くなると、カビが繁殖しやすくなるので、

よろしくありません。

また、運気的にも湿気が高いというのはよろしくありません。

湿気が多いと土地や家が冷えてしまい、

そこに住んでいる人も冷えてしまいます 。

6月の梅雨の時期は、心身ともに不調が出やすいことからも

湿度は高いというのは身体や脳にとっても、

よいものではないのです。

②残り湯は洗濯用水として使うべきではない

残り湯を貯めておく理由としては、

次の日の洗濯にこの残り湯を使うためだと

思われます。

ですが、これはやめるべきです。

お風呂のお湯というのは、

家族全員の1日分の汗や皮脂といった汚れで

いっぱいです。

そして、洗濯というのは

衣類やタオル等を

綺麗にするために行うものです。

しかし、汗や皮脂がいっぱいの水で

洗濯をすれば、

きれいになるどころか、

汚くなってしまいます。

「洗剤を入れるから問題ないよ」

という声が聞こえてきますが、

そういう問題ではありません。

お風呂のお湯には、目に見える汚れ以外にも

目には見えない悪い気やマイナスの気も含まれています。

そうしたマイナスの気は、

洗剤をもってしても滅することはできません。

お風呂の残り湯で選択をすることで、

衣類にマイナスの気がついてしまいます。

そして、そうした服を着ることで、

あなたの運気は下がってしまいます。

ですので、お風呂の残り湯を

翌日の洗濯には使うべきではないのです。

③家の運気が下がってしまう

動いていない水からは、陰の気が出ています。

水が動いていない沼や池などに行って、

テンションが上がる人はまずいないと思います。

これは水に動きのない沼や池からは

陰の気が出ているからです。

浴槽の水には、動きがありません。

ですので、浴槽にずっと水を貯めておくと、

そこからは陰の気が出てしまいます。

この陰の気は、家の運気を下げてしまうことになります。

ですので、お風呂の浴槽に水を長時間貯めておくことは

やめるべきなのです。

以上の3点の理由により、

お風呂のお湯は

入浴が終わったら、

すぐに捨てるべきなのです。

〇私は入浴が終わったらすぐに

浴槽のお湯を流して、お風呂掃除を済ませてしまいます。

これについても、武田さんはどう思われますか?

素晴らしいの一言です。

さらに言いますと、

換気・除湿を徹底されるとなおよいと思います。

お風呂は家の中で最も湿度が上がりやすい場所になります。

ですので、お風呂が最もカビが生えやすい場所になります。

換気・除湿を徹底することで、

湿度を下げるようにしましょう。

【最後に】

お風呂の状態は家族の健康運、

そして財運と密接に関係しています。

お風呂が常にピカピカであれば、

これらの運気は上がっていきますし、

逆もしかりです。

お風呂を常に良い状態に保って、

財運と健康運を手に入れてください。

今回の記事は、以上になります。

参考になれば、幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする