武田が運気を上げるためにしていることをご紹介します

お疲れ様です、武田です。

私自身、運気を上げる必要性を常に考えていますので、

それに見合った行動をしています。

今回はその行動の1つをご紹介していきたいと思います。

それは【毎月日取りの良い日にお墓掃除をする】ということになります。

なぜお墓掃除が大切なのか?

それは私たちが持っている運気の中で、最も比重の大きいのが先祖運だからです。

ですので、運気をいち早く上げたい場合は、

先祖運を上げるのがよいのです。

そして、この先祖運を上げる1番の方法がお墓掃除なのです。

全てのものは必ず相対するものが存在しており、

相対するものを陰と陽に分類する陰陽論という考え方があります。

この陰陽論において、お墓は陰宅と言われており、

我々生きている人が住んでいる家は陽宅と言われています。

陰陽においては、陰が大切であると言われています。

『陽陰』ではなく『陰陽』と呼ばれていることからも、

陰の方が陽よりも大切であることは明らかです。

ですので、我々が住んでいる陽宅よりも、

ご先祖さんが眠っている陰宅の方が大切なのです。

今住んでいるお家をピカピカに磨いたり、風水の技術を使って整えたとしても、

お墓が汚れていたり、苔が生えていたりすれば、意味がありません。

川で言いますと、お墓が川上で、今住んでいるお家が川下です。

いくら川下を綺麗にしたところで、

川上が汚れていたら、

川下が綺麗になることはありません。

ですので、まずはお墓を綺麗にすることが大切なのです。

お墓をきれいにして、先祖運を上げ、あなたの運気もあげていきましょう。

日取りのよい日を選んでお墓参りしよう

結婚式や入籍日は大安の日を選ぶなど、

日本人は冠婚葬祭の日取りを選ぶ傾向にあります。

この日取りを選ぶことで、運気を貯金していくこtができます。

逆に日取りを選ばないと、運気を無駄に消費してしまったり、

悪いことが起きてしまったりします。

この代表的な例が手術日ですね。

私のお客さんで、足の手術をするにあたっての検査を

日取りに関して何も気にせずにされた方がいました。

その結果、大事には至らなかったのですが、

検査が終わってからも痺れがなかなか抜けなかったそうです。

その日にちについて、聞いてみると

『悪いことが広がってしまう日』に検査をされていたことが

あとから判明しました。

手術の日でなかったことが不幸中の幸いでした。

身をもって悪い日取りの効果を体感されたので、

手術の日はしっかりとこちらで鑑定しました。

結果手術は何事もなく成功し、めでたしめでたしとなりました。

日取りを選ぶことで、お墓掃除の効果はさらにアップし、

運気の貯金をよりできるようになります。

しっかり日を選んでお墓参りをするようにしましょう。

お墓掃除に関してアドバイス

その①

お盆やお彼岸など、お花を持ってお墓参りをされる方は多いと思います。

この時に、お墓掃除をしてからお墓参りをするという方は多いと思いますが、

これはよろしくありません。

お墓参りとお墓掃除の日は分けるようにしましょう。

先にお墓掃除をして、また別の日にお墓参りをするのです。

ご先祖さんに顔を見せる回数はこうした方が増えますし、

ご先祖さんをより大事にしていることにもなり、

運気がさらに上がります。

ぜひ、お墓掃除をしてから、また別の日にお墓参りに行くように

なさってください。

その②

お盆やお彼岸にお墓掃除をしても運気はアップしますが、

お墓掃除をして最も運気がアップするのは12月です。

なぜならば、終わりよければ全てよしという言葉がありますように、

何事も終わりが大切だからです。

1年の終わりである12月にお墓掃除をすることでさらに

運気をアップさせ、良い新年を迎えるようにしましょう。

「いや、12月は家の大掃除でお墓掃除どころではないんだけど…」

という方もいるかもしれません。

そういう方にお勧めしたいのは、

11月に大掃除は済ませてしまいましょう!です。

お金持ちのお宅では11月、遅くとも12月上旬には

大掃除は済ませてしまうというところが多いです。

年末は何かと忙しいですし、

11月に前倒しで大掃除を済ませてしまうというのはおススメです。

今回はお墓掃除についてお伝えしていきました。

最も手っ取り早く運気を上げる方法になりますので、

運気の欲しい方は是非実践してみてくださいね。

今回の記事は、以上になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする