お金はかかるけど、効果絶大な【金運】アップ法

お疲れ様です、武田です。

 

今回もまた、金運アップ法についてご紹介していきたいと思います。

 

ですが、今回の方法はお金がかかります。

 

その分効果は絶大ではあります。

 

では早速ご紹介していきます。

 

 

〇玄関にお花を飾って、金運をアップさせよう

 

今回ご紹介する金運アップ法は、玄関に生花を飾るという方法になります。

 

生花は当然ですが、生きています。

 

ですので、生花からは生気が出ています。

 

この生気が玄関に満ち溢れていると、玄関の気はよくなります。

 

玄関は、外と家を結ぶ重要な場所になります。

 

この重要な場所が、良い気でいっぱいですと、

 

外から良い気を呼び込みやすくなります。

 

そうして、良い気が家全体にいきわたり、

 

金運がアップしていくのです。

 

 

〇造花ではダメなのか?

 

生花を玄関に飾りましょうという話をした際には必ず

 

「生花だとお金がかかるので、造花を玄関に飾りたいと思います」

 

という方がおられます。

 

確かに、造花ですと、手入れする必要がいりませんので、

 

楽なのは楽です。

 

ですが、はっきりと申し上げますが、

 

造花を玄関に飾っても意味はありません。

 

なぜならば、造花からは生きていないので、生気が出ていないからです。

 

同じ理由で、ドライフラワーもよろしくありません。

 

一輪挿しでも構いません。

 

玄関には生花を飾るようにしましょう。

 

玄関の雰囲気が一変します。

 

 

〇どんな花を飾ればよいのか?

 

ズバリ、四季の変化が感じられる季節の花を飾るとよいでしょう。

 

春でしたらチューリップ、秋でしたらコスモスがおススメです。

 

21世紀になり、若干感じづらくはなっていますが、

 

人間は自然とともに生きています。

 

季節の花を飾ることで、四季の変化を感じることができ、

 

感性が鋭くなってきます。

 

感性が鋭くなってくると、直観力・ヒラメキ力がつくようになります。

 

ぜひ、玄関に季節の花を飾ることで、この能力を鍛えていきましょう。

 

 

〇どんな花瓶がよいか?

 

材質はクリスタル・水晶がお勧めです。

 

なぜならば、水と相性がよく、財運がさらに上がるからです。

 

逆に、土の花瓶はお勧めできません。

 

土の花瓶は、財運を下げてしまう効果があるからです。

 

気を付けましょう。

 

そして、形状に関しては丸いものがおすすめです。

 

角のあるものはよろしくなく、丸みのあるものがオススメです。

 

〇玄関に花を飾るうえでの注意点

 

□トゲのある花は飾らないようにしましょう

 

バラやサボテンといった、トゲのある花は飾らないようにしましょう。

 

トゲの先端からは殺気が出ています。

 

この殺気を浴びると、

 

イライラしたり、落ち着かなくなったり、します。

 

ですので、玄関に飾るのは避けましょう。

 

同じ理由で、花瓶も形が丸いものを選択するようにしましょう。

 

カクカクしている花瓶の先端からは、殺気が出ているからです。

 

先端が尖っているものからは、殺気が出ていますので、

 

家の中には、なるべく丸いものを増やすようにするとよいでしょう。

 

殺気はケンカの原因にもなり、家庭不和をもたらしかねません。

 

くれぐれも注意するようにしましょう。

 

 

□花がしおれてきたらすぐに交換

 

花がしおれてきたり、枯れてきた場合は、すぐに交換するようにしましょう。

 

元気のない花を見ると、

 

こちらの元気も減退しています。

 

また、お花が枯れてしまっては、花から良い気が出るどころか、

 

マイナスの気が出てしまい、その家の運気は下がってしまいます。

 

くれぐれも注意なさってくださいね。

 

 

〇最後に

 

お金持ちの家にいくと、玄関に立派な生花が飾ってあります。

 

立派な生花があるからこそ、玄関の気がよくなり、金運を引き付けるのです。

 

できるところからでよいので、

 

金運を上げるために生花を玄関に飾るということをしてみてください。

 

今回の記事は以上になります。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

〇まとめ

 

・玄関に生花を飾ることで、玄関の気がよくなり、金運が上がる。

 

・造花やドライフラワーはNG

 

・季節の花をクリスタルの花瓶に入れて、飾るのがよい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする