旦那さんと価値観の違いでいつもイライラされている奥様

お疲れ様です。

開運風水コンサルタントの武田です。

 

先日鑑定させていただいた内容について、

記事にしてみました。

 

ご興味のある方はお読みなって、

参考になさってください。

 

 

【ご相談内容】

 

『39歳 専業主婦の藤本から鑑定依頼をいただきました。』

 

25歳で結婚し、現在結婚14年目です。

 

3人の子どもにも恵まれ、旦那さんの稼ぎも良いので、特に不自由なく生活できています。

 

この時代に専業主婦をさせてもらっていて、心から感謝しています。

 

ですが、旦那さんに直してもらいたいところがあります。

 

私は家事や育児はかなり真面目にやる方です。

 

専業主婦なので、当然といえば当然なのですが。

 

一方で、旦那さんは仕事以外、かなり適当です。

 

この違いによって、よく衝突してしまいます。

 

「服や靴下は、脱衣所にお願いね」って何度言っても、寝室に脱ぎっぱなし。

 

「玄関はいつも綺麗にしたいから、ちゃんと靴箱に片づけてね」と言っても、

 

玄関に脱ぎっぱなし。

 

こんな感じで、旦那さんはとてもだらしないのです。

 

旦那さんからしたら、私はしっかりと考えすぎているように見えるらしいです。

 

「正論ばかり言うから、かなりしんどい。」と旦那さんからは言われます。

 

私も旦那さんと険悪になりたくて、言っているわけではありません。

 

旦那さんがだらしないと、子どもに対して示しがつかないので、

 

しっかりして欲しいと思って言っています。

 

ですが、全然うまくいきません。

 

私は旦那さんに対して、

 

・どういう言い方

 

・どういうコミュニケーションの仕方

 

を心掛ければ、旦那さんとうまくいくでしょうか?

 

【武田の回答】

 

【結論】

 

旦那さんは家の中では、赤ちゃんになられます。

ですので、赤ちゃんだと思って対応されるとよいです。

 

つまり、いつも温かい目で旦那さんを見守ってください。

そして、小言を言うのは絶対に厳禁です。

 

元気がないな、いつもと違うなと思われたら、表情や言動から察してあげてください。

そして、いつも以上に優しく接してあげてください。

 

旦那さんが自宅でボケーっとされたり、グダグダされていても、

 

聖母マリアのような目で優しく見守ってあげてください。

 

また、

 

旦那さんがこだわっておられるポイントは旦那さんの意見を尊重してあげて、

旦那さんがこだわっておられるポイント以外は、奥様が率先して決めていってください。

 

 

〇理由

 

奥様は、経済感覚が抜群なしっかりものの女性です。

 

家事・育児など、そつなくこなされていることでしょう

 

先読み能力も抜群で、家事や育児も逆算で考えられていて、

段取りもスムーズになさっていると思います。

 

一方で旦那さんは、家の外では常に気を張って過ごされております。

家の外では、いつも緊張されています。

 

その反動としまして、家にいる時は、

・リラックスしたい

・グダグダしたい

 

という傾向が強いです。

 

ですので、家では存分に甘やかせてあげるとうまくいきます。

優しい言葉・温かい言葉をかけられると、なおうまくいくでしょう。

 

そして、旦那さんは自分がこだわっておられるところ以外は、

心の底からどうでもよいと思っておられます。

 

そして、どうでもよいところは奥様に決めてほしい・任せたいと思われています。

 

しっかりものの奥様ですし、きっと頼りにされています。

 

「家庭の大黒柱は自分なんだ」という気持ちを持って、

 

家のことを奥様は率先して決めていってください。

 

その方が、旦那さんの負担にならないからです。

 

ただ、注意点としましては、

 

奥様が何かを決められる際には、旦那さんにひと言かけるとよいでしょう。

 

そうすると旦那さんのメンツがつぶれずに済みますので。

 

私の回答は以上です。

 

 

【藤本さんの感想】

 

旦那さんに武田は会われたことがないのに、

 

昔からの友達かのように旦那さんのことについて

 

解説してくださって、

 

笑えるぐらい納得しました。

 

これからは旦那さんを赤ちゃんと思って接していきます。

 

貴重なアドバイスをありがとうございました。

 

 

当事者同士ですと、見えないこと・わからないことは

 

はいっぱいあります。

 

第三者の別の視点を見聞きすることによって、

 

気づくことはいっぱいあると思います。

 

「どうも感情的・主観的になっているな」というときは、

 

冷静になるという意味も込めまして、

 

第三者の方の意見を聞いてみるというのはとても有効ですね。

 

 

今回の記事は、以上になります。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。